« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

二条城 (3)二の丸御殿・遠侍と式台

20090628_ninomaru_2

京都・二条城(世界遺産)(2)(”ぱぴりお”ブログ)の続き。今回は「二の丸御殿・遠侍と式台」について。

「二の丸御殿」は、桃山時代の武家風書院造りの代表的なもの。車寄せ、遠侍(とおさむらい)、式台(しきだい)、大広間(おおひろま)、蘇鉄の間(そてつのま)、黒書院(くろしょいん)、白書院(しろしょいん)の6棟から成る。東西から南北にかけて立ち並んでいて、建物面積3300平方メートル、部屋数は33、畳は800畳あまりとのこと。

とにかく、何もかもが広くて大きくて高い。スケールの大きさを実感できる。

続きを読む "二条城 (3)二の丸御殿・遠侍と式台"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二条城 (2)二の丸御殿の歴史とうぐいす張りの床

20090625_hanken

京都・二条城(世界遺産)(1)(”ぱぴりお”ブログ)の続き。今回は「二の丸御殿の歴史とうぐいす張りの床」について。左の写真は二条城の半券。

続きを読む "二条城 (2)二の丸御殿の歴史とうぐいす張りの床"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじさい 手ぬぐい

20090624_ajisai_top

なんとも涼しげな「あじさい」の手ぬぐい。
まるで浴衣の柄のよう。
この梅雨の時期、心の彩が垣間見えるような「あじさい」を見つけると嬉しくなる。

カランコロン京都の手ぬぐい
西梅田ブリーゼブリーゼ店4F
「カランコロン京都」にて1260円也(税込)。

続きを読む "あじさい 手ぬぐい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜘蛛の巣

20090622_kumonosu2009年6月21日(日)
サンケイホールブリーゼ(大阪)

クラリサ・ヘイルシャム=ブラウン/浅丘ルリ子
ロード警部/石井一孝
執事エルジン/六角精児
ジェレミー・ウォリンダー/高橋和也
ヒューゴー・バーチ/鶴田忍
ミルドレッド・ピーク/池谷のぶえ
ピパ・ヘイルシャム=ブラウン/小此木麻里
オリバー・カステロー/花王おさむ
ジョーンズ巡査/飯嶋啓介
検死医/西初恵
ヘンリー・ヘイルシャム=ブラウン/田村亮
ローランド・デラヘイ卿/瑳川哲朗

原作/アガサ・クリスティー
翻訳/加藤恭平
演出・上演台本/大谷亮介

クラリサは外交官の夫ヘンリーと、夫と前妻ミランダとの娘ピパを引き取って、片田舎ではあるが隠し部屋のある洒落た家で平穏に暮らしていた。ある日の夕方、クラリサは来客の1人と雑談中に「もしもある朝書斎で死体を見つけたら自分はどうするだろうか」という「空想ゲーム」について話す。その後、ミランダの再婚相手のオリバーが自宅に立ち寄る。そしてクラリサは帰ったはずのオリバーの死体を見つけることとなる。果たして誰が殺したのか・・・。

というイギリスの女性推理小説作家/アガサ・クリスティーのコミカルな推理劇。

続きを読む "蜘蛛の巣"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二条城 (1)二条城の歴史と唐門

20090618_otemon今回は世界遺産としての京都・二条城について、ぱぴりおの視点で書いてみよう。
「二条城の歴史と唐門(からもん)」について。

◆二条城の歴史
1603年(慶長8年)、徳川家康が京都御所の守護と将軍上洛時の宿泊所として二条城を造営。
1626年(寛永3年)徳川家光が伏見城の遺構を移すなどして本丸・二の丸・天守を完成させて現在の規模となる。

豊臣秀吉の残した文禄年間の遺構と、家康が建てた慶長年間の建築と、家光がつくらせた絵画・彫刻などが結集されたお城ということだ。桃山時代様式の豪華絢爛な姿を見ることができる。

上の写真は東大手門。外堀を橋で渡るとすぐこの門がある。どっしりとした櫓門。ここからが二条城だ。

続きを読む "二条城 (1)二条城の歴史と唐門"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二条城 記念メダル

20090616_nijojoomote150京都コンサートホール(ブログ)に行く途中、二条城へ寄り道をした。せっかくの京都だし、観光兼ねて記念メダルをゲットしよう! そういうノリで行ったんだけど、知らなかったワ。二条城って世界遺産だったのねぇ。
1994年(平成6年)に登録されていたことを初めて知る。そこで、このブログに新しく「世界遺産」というカテゴリを設けるのもいいかもしれないと思いついた。また、いつかどこかで世界遺産を訪れる機会があるかもしれないし、楽しみも増えるしって事で。

ということで、世界遺産としての二条城については近日中に掲載することにして、今回は二条城 記念メダルについて。

続きを読む "二条城 記念メダル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪フィル・ポップスコンサート in 京都

20090613_akirasan2009年6月13(土)
~動物たちと旅のメロディー~
「大阪フィル・ポップスのテーマ」
「子犬のワルツ」「貴婦人の乗馬」
「仔象の行進」「ぞうさん」「イワトビペンギン」
「花」「メリー・ジェーン」
「幻想紀行 いい日旅立ち」
「ファンタスティック!白雪姫」

指揮・ピアノ・司会:宮川彬良
客演コンサートマスター:マウロ・イウラート

大阪フィルハーモニー交響楽団
京都コンサートホール 15時開演

続きを読む "大阪フィル・ポップスコンサート in 京都"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立体ピクロス

20090612_rittaipikurosuニンテンドーDS用のゲーム「立体ピクロス」。
数字をヒントに不要なブロックを壊して、隠されたカタチを完成させることがゲームの目的。

立体になったことで、パズルとしての奥深さや解けた時の爽快感が大幅にアップ!
問題は、初心者向けの簡単なものから、難問まで350問以上を収録している。また、Wi-Fiコネクションで新しいパズルをダウンロードしたり、エディットモードで自分だけのパズルを作成したり、作ったパズルをワイヤレス通信で他のプレイヤーに配信したりと、遊びの幅を広げる要素が充実している。

フルクリア達成! なかなかハマル楽しいゲームだった。
ブロッグを壊すときに鳴る音も、壊してる感があって楽しかった。0(ゼロ)を続けて壊すのが一番好きかな。自動セーブ方式だし、中断セーブもできる。操作方法はプレイしながら覚えていくシステムなので説明書を読まなくてもできる。4人のデータが記憶できる。お手軽に遊べるけれど、中毒になる可能性も高い。

続きを読む "立体ピクロス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麦ふみクーツェ

20090611_mugifumi_2いしいしんじさん著作。理論社から2002年6月に単行本が、新潮社からは2005年7月に文庫本が刊行されている。

音楽にとりつかれた祖父と、素数にとりつかれた父、とびぬけて大きなからだをもつぼくとの慎ましい三人暮らし。ある真夏の夜、ひとりぼっちで目覚めたぼくは、とん、たたん、とん、という不思議な音を聞く。麦ふみクーツェの、足音だった。―音楽家をめざす少年の身にふりかかる人生のでたらめな悲喜劇。悲しみのなか鳴り響く、圧倒的祝福の音楽。坪田譲治文学賞受賞(2003年)の傑作長篇。

実は、今読書中の本である。第4章に入ったところ。
でも、書かずにはいられない。昨日「曇りのちオタマジャクシ・石川で珍現象」という新聞記事を読んだからだ。

続きを読む "麦ふみクーツェ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルウェイの森

20090610_norwegian_wood村上春樹さんの長編小説。
1987年9月、講談社から書き下ろし作品として上下巻が刊行。
1991年に講談社文庫として文庫化。

学生運動の時代を背景として、主人公「僕」と、友人の恋人「直子」を軸に、さまざまな思春期の葛藤や人間模様、恋愛、喪失感などを巧みに描き、非常に広く読まれているベストセラー小説。

「ノルウェイの森」映画化決定!来年(2010年)秋に公開予定。
ワタナベ役、松山ケンイチさん。直子役、菊地凛子さん。緑役、水原希子さん。キズキ役、高良健吾さん。永沢役は玉山鉄二さん。
ひぇぇ、永沢役が玉山鉄二さんーーー!声出しちゃったよ。複雑な役どころだ。見るか見ないか迷っちゃう~。

続きを読む "ノルウェイの森"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井吹珈琲店

20090609_ibukicoffee「どろどろのコーヒー、めっちゃ濃いで。せやけどうまいんや。」という噂を聞いた。

標準語でいうと、「どろどろのコーヒー、凄く濃いよ。でもおいしいね。」となるんだろうか。。

コーヒーは大好きだし、大阪・黒門市場にたまたま行ったので、「井吹珈琲店」へ行ってみることにした。

続きを読む "井吹珈琲店"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »