« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ギャグ50連発 手ぬぐい

20090729_50_2京橋花月(大阪)のよしもとグッズ売り場で見つけた手ぬぐい。税込523円也。

50円玉デザインの中に「おかげ様で吉本新喜劇50周年」とある。そうなのか、50周年なのか・・・。これは素晴らしいことだ、きっと。うん。
そして、五十音順にギャグが50連発。ベテランタレントさんのギャグかな、知らないギャグもたくさんあるけれど、単に私が知らないだけだろう。。

ギンギンきらきら銀色の文字で印刷されているのだが、この銀色のインクの臭いか・・開封後はかなり臭いがキツイ~。でも、そのまま空気にさらしていれば一晩で臭いは消えたので大丈夫。揮発したかと思われる。

続きを読む "ギャグ50連発 手ぬぐい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京橋花月 ひる寄席

20090727_kagetu2009年7月25日 京橋花月(大阪)
ひる寄席(15:30~)

笑福亭仁智
まるむし商店/へびいちご/りあるキッズ/ギャロップ/川上じゅん/他
「京橋吉本新喜劇」川端泰史/他

続きを読む "京橋花月 ひる寄席"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二条城 (5)本丸御殿・本丸庭園

20090620_honmaru京都・二条城(世界遺産)(4)(”ぱぴりお”ブログ)の続き。今回は「本丸御殿・本丸庭園」について。

写真は本丸御殿の正面。正面入口は唐破風(からはふ)造り(唐破風造りについては”ぱぴりおブログ”参照)になっているので立派に見えるけれど、横から見るととても大きな民家という感じで簡素な印象。建物内は見学できない。

 

続きを読む "二条城 (5)本丸御殿・本丸庭園"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

二条城 (4)二の丸御殿・大広間から白書院、二の丸庭園

20090620_ninomaruteien京都・二条城(世界遺産)(3)(”ぱぴりお”ブログ)の続き。今回は「二の丸御殿・大広間から白書院、二の丸庭園」について。

左の写真は二の丸庭園。池の中央に蓬莱島、左右に鶴亀の島を配した書院造庭園ということだ。とにかく、松の手入れが半端じゃない。完璧に行き届いているように思う。松もどこか威厳を持ち、どっしりと誇らしげで将軍の庭にいるんだぞという風格があるように見える。大広間、黒書院など三方向から見られるように工夫されているとのこと。

続きを読む "二条城 (4)二の丸御殿・大広間から白書院、二の丸庭園"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使と悪魔

20090709_tenshitoakuma大ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」の続編となる歴史犯罪ミステリー。イタリアのローマで400年の時を超えてよみがえった秘密結社・イルミナティによるバチカンへの復讐を阻止するべく、ガリレオの暗号コードに挑む宗教象徴学者・ラングドン(トム・ハンクス)の活躍を描く。

監督:ロン・ハワード
脚本:デヴィット・コープ、アキヴァ・ゴールズマン
製作:ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、ジョン・コーリー
原案:ダン・ブラウン

ロバート・ラングドン(ハーバード大学教授、宗教象徴学専門):トム・ハンクス
パトリック・マッケンナ(カメルレンゴ)(前教皇侍従):ユアン・マクレガー
ヴィットリア・ヴェトラ(欧州原子核研究機構の科学研究者):アイェレット・ゾラー 
リヒター(スイス衛兵隊隊長):ステラン・スカルスガルド 
オリヴェッティ(ジェンダルメリア警部):ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ 
ミスター・グレイ(ハサシン) :ニコライ・リー・カース
シュトラウス(枢機卿、コンクラーベの進行役):アーミン・ミューラー=スタール

続きを読む "天使と悪魔"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月はおぼろに 手ぬぐい

20090706_maiko_2舞妓さんと東山にかかる朧月、篝火と紅桜。
そして、「祇園小唄」がさらさらと描かれている。

京都っぽい手ぬぐいを求めていたところ、二条城の売店で見つけたので購入した。色違いが何枚かあった。

でも、「祇園小唄」だとわかったのは帰ってきてからだ。何やらリズムを感じるけれど、短歌でもないし何だろうと思ったのだ。文字数が七五、七五、七五、七五、七七になっているので、これは何か特別な歌なのではないだろうか。そう思い調べてみると、この「祇園小唄」はとても有名な歌で人気もあるとのことだった(長田幹彦:作詞、佐々紅華:作曲)。メロディはわからないけれど何か余韻のある歌だなあと思う。一度聞いてみたい。

京都・二条城売店にて。

続きを読む "月はおぼろに 手ぬぐい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »