« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月

京都府舞鶴市 マンホール

20091215_maizurushiman舞鶴市のマンホールは、市の木である「ケヤキ」をデザインしたもの。

下に「まいづるし」とひらがなで市名がある。マンホールいっぱいにケヤキがデザインされていて壮大さや豊かさ、たくましさを感じる。

続きを読む "京都府舞鶴市 マンホール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夜中の神話

20091213_mayonakanoshinwa文春文庫より2007年8月刊行。
真保裕一 著作。

薬学の研究に没頭した挙げ句、夫と娘を失った栂原晃子は、新たなテーマを求めてインドネシアに向かうが、飛行機墜落事故に巻き込まれる。だが奇跡的に助かった晃子は、山奥の村で神秘的な歌声を持つ少女と出会い、驚異的に快復した。一方、町では猟奇的な殺人事件が発生していた。伝説と神話に彩られたスペクタクル巨編。

続きを読む "真夜中の神話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町屋のサンタ 手ぬぐい

20091212_matiyatopもうすぐクリスマス♪ この「町屋のサンタ」は、今部屋に飾っている。昨年購入したものだけど、とてもお洒落で気に入っている。さっすが「かまわぬ」(公式ページ)さんの手ぬぐいだ。

大阪ハービスエント(公式ページ)3階の「アンジェ ラヴィサント」で購入した。1050円。

続きを読む "町屋のサンタ 手ぬぐい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリツカレ男

20091211_toritukareotoko2006年3月、新潮社より文庫本で刊行。
いしいしんじ著作。

ジュゼッペのあだ名は「トリツカレ男」。何かに夢中になると、寝ても覚めてもそればかり。オペラ、三段跳び、サングラス集め、潮干狩り、刺繍、ハツカネズミなど。そんな彼が、寒い国からやってきた風船売りに恋をした。無口な少女の名は「ペチカ」。悲しみに凍りついた彼女の心を、ジュゼッペは、もてる技のすべてを使ってあたためようとするのだが、というまぶしくピュアなラブストーリー。

続きを読む "トリツカレ男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wii Fit Plus

20091210_wiifitplus新機能が追加され、より楽しく遊びながら楽しめるようになった。運動だけでなく、脳のトレーニングも行えるし、新ジャンルのゲームや便利に使えるマイメニュー、みんなで遊べるモードが追加された。その他、赤ちゃんやペットを登録して体重の記録ができる。以前のWii Fitのゲーム内容はすべて収録されているので、データを引き継げて楽チン。

Nintendoよりソフト単体で2000円、バランスWiiボードセットは9800円。

続きを読む "Wii Fit Plus"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ポーの話

20091209_ponohanashi2008年9月、新潮社より文庫本で刊行。
いしいしんじ著作。

あまたの橋が架かる町。眠るように流れる泥の川。太古から岸辺に住みつく「うなぎ女」たちを母として、ポーは生まれた。やがて稀代の盗人「メリーゴーランド」と知りあい、夜な夜な悪事を働くようになる。だがある夏、500年ぶりの土砂降りが町を襲い、敵意に荒んだ遠い下流へとポーを押し流す。深く遥かな物語世界。

続きを読む "ポーの話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・アイリッシュダンス -RAGUS Show-

20091205_ragustop2009年12月3日(木)18:30
サンケイホールブリーゼ(公式ページ)(大阪・地図

ラグースは、「素早い動き」と「伝統的な音楽」を中心とした、歌およびダンスショー。本当のアイルランドの芸術をエンターテイメント化した形のショーで見ることができる。

「ラグース」とは、ゲール語(アイルランド語)で「熱望」あるいは「願い」という意味。優れた若いミュージシャン、歌手、ダンサーたちがステージ上で作り出す生き生きとした雰囲気を表現している。

ラグースは、アイルランド随一の観光地であるアラン島を訪れる何万もの観光客のためのショーとして作られた。快活な楽曲やリズミカルなダンスとが複雑に絡み合うパフォーマンスとして、アイルランド国内に留まらず世界中からオファーが来るようになった。

妖精が暮らすという森や草原、一日の中に四季があるという変化に富んだ気候、数々の詩人や芸術家を生み出し、飾り気のない暖かい人々が平和に暮らす国。アイルランドの豊富な伝統音楽の血脈がショーアップされている。

続きを読む "ザ・アイリッシュダンス -RAGUS Show-"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

補堕落山・六波羅蜜寺 「手ぬぐい」

補堕落山・六波羅蜜寺(ふだらくさん・ろくはらみつじ)(京都市東山区 地図

20091204_17te2_2

手ぬぐいは二枚、各500円。
一枚は六波羅蜜寺の六波羅堂と空也上人(左上の写真)、もう一枚は寺紋と御詠歌、六波羅堂、空也上人が描かれている(右上の写真)。右の手ぬぐいは、半袈裟になりそうだ。

続きを読む "補堕落山・六波羅蜜寺 「手ぬぐい」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補堕落山・六波羅蜜寺 「秘仏」と「宝物館」

20091202_rokuharamituji西国三十三所巡礼・第十七番
補堕落山・六波羅蜜寺(公式ページ)
(ふだらくさん・ろくはらみつじ)
左の写真は六波羅蜜寺。

◆宗派:真言宗智山派
◆本尊:十一面観世音菩薩(国宝)
◆開基:空也上人(くうやしょうにん)
◆創建:951年(天暦5年)
◆結縁御開帳:2008年11月16日-30日、2009年4月26日-5月6日、11月22日-29日
◆通常御開帳:秘仏(12年に一度・辰年) ◆時間:8時~17時
◆所在地:京都市東山区五条通大和大路上ル東(地図) ◆拝観料:無料
◆宝物館:大人600円 大高中学生500円 小学生400円※30名以上の団体各50円引
◆駐車場:無(五条坂の途中に市営清水坂駐車場60台)

御詠歌
「重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば」
(おもくとも いつつのつみは よもあらじ ろくはらどうへ まいるみなれば)

意味:たとえ五つの大罪(五逆罪:一つには父を殺し、二つには母を殺し、三つには聖を殺し、四つには平和を擾(みだ)す、五つには仏の身より血を流す)を犯した者でも、観音さまと縁を結び今後は六つの波羅蜜を日々実践することにより罪は消えていくであろう。

続きを読む "補堕落山・六波羅蜜寺 「秘仏」と「宝物館」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四天王寺 (1)お寺で写経 「十七條憲法」

2009_1130_taishidenお寺での写経は、今回の四天王寺(大阪・地図公式ページ)で二回目となる。四天王寺では「般若心経」と「十七條憲法」が写経できる。たいがいのお寺では「般若心経」を写経することが多いが、「十七條憲法」を写経するというのは四天王寺ならではかな~。さすが聖徳太子建立のお寺! 左の写真は四天王寺の太子殿。

四天王寺もいつでも写経ができるというので、ふらっと訪れた。「十七條憲法」は、6枚で全ての條文を書くことができる。私は1條から3條までの一枚目を写経した。

◆四天王寺での写経について
場所:四天王寺「太子殿」にて
時間:午前8時半~午後2時(随時)
納経料:〔般若心経〕一枚2000円、10枚1組18000円 〔十七條憲法〕一枚2000円、6枚1組10000円

続きを読む "四天王寺 (1)お寺で写経 「十七條憲法」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »