カテゴリー「アニメ・コミック」の7件の記事

機動戦士ガンダム

20090515_gundam「機動戦士ガンダム」は、日本サンライズ(現・サンライズ)制作の日本のロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1979年から放映された。全43話。

「ガンダムシリーズ」の記念すべき第一作。

お話は・・・
人類は増え過ぎた人口を月軌道周辺にあるスペースコロニー群に居住させていた。その中で地球から最も遠いコロニー群サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦からの独立を求め、人型機動兵器「モビルスーツ(MS)」を駆使して独立戦争を挑んでくる。サイド7に住む少年アムロ・レイは、地球連邦軍が進めていた「V作戦」に対する調査のためコロニーに侵入したジオン軍MS ザクの攻撃に巻き込まれ、偶然が重なって連邦軍の新型MS ガンダムのパイロットになって戦う。

続きを読む "機動戦士ガンダム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月に繭 地には果実

20090501_tukinimayu_2ガンダムの番外編小説。
福井春敏さん著作。(幻冬舎文庫、上中下巻、文庫本)

「機動戦士ガンダム」誕生20周年企画の一環で製作された。

月と地球の共存をめぐる話が描かれていて、「∀(ターンA)ガンダム」という巨大ロボットが登場する。

続きを読む "月に繭 地には果実"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DEATH NOTE

20081116_deathnote01「DEATH NOTE」(デスノート)は、2004年1号から2006年24号まで「週刊少年ジャンプ」に連載されていた漫画。2008年2月に完結から3年後を描いた短編が掲載された。原作は大場つぐみさん、作画は小畑健さん。

名前を書かれた人間は死んでしまうという死神のノート「デスノート」を学校のグラウンドで偶然手に入れ、それを使って犯罪者を次々と粛清していく主人公・夜神月(やがみ らいと)と、大量殺人犯として月を追う名探偵・L(エル)との闘いを描いた物語。

続きを読む "DEATH NOTE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D.Gray-man

20081016_dgrayman「D.Gray-man」(ディーグレイマン)は「週刊少年ジャンプ」(集英社)において2004年27号から連載されている星野桂作のダーク・ファンタジー漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。

雑誌掲載途中で作者の病気による2度の長期休載をとったにも関らず、掲載再開後早々にアニメ化が決定した。2006年10月3日よりテレビ東京系列で放送開始。当初は4クール(1年)の予定であったが、計8クール(2年)にわたって放映。いくつかの放送局での打ち切りが出た後、2008年9月には、テレビ東京系列でも終了となった。全103話。

第2シーズンとなる52話から次回予告終了後に「D.Gray-man劇場」が挿入されている。その後、「D.グレ学園」と改名され、エクソシスト達やノアの一族などが生徒あるいは教師として登場している。

「機械」「魂」「悲劇」を材料に造りだされる悲しき悪性兵器「AKUMA(アクマ)」。AKUMAの製造者で世界終焉を目論む「千年伯爵」。そして、唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である、「エクソシスト」達。主人公・アレン・ウォーカーは世界とAKUMAに縛られた魂を救うべく、仲間と共に長く険しい戦いに身を投じていく……、というお話。

続きを読む "D.Gray-man"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟲師

2008101020090825_mushishi少女マンガパワー!」「島津創業記念資料館」(”ぱぴりおブログ”)でも触れた「蟲師」。

「蟲」(むし)は作者の創作であり、「蟲師」とは、人間に危害が出たとき治療に当たる人のことである。蟲師である主人公ギンコが「蟲」により引き起こされる様々な謎を解き明かして いく物語。

続きを読む "蟲師"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラスの仮面

20080930_garasunokamen美内すずえによる少女漫画。
演技の天才少女が花開き、才能を伸ばしていく様子を描いたもの。
現在全42巻。2008年7月から連載再開。

続きを読む "ガラスの仮面"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖徳太子

Shoutoku_up聖徳太子の生涯を史実に沿って描いた
全5巻のコミック本。

「中公文庫」コミック版
(1,2,5巻各705円、3,4巻各590円)

続きを読む "聖徳太子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)