カテゴリー「観劇」の11件の記事

ネジと紙幣

20091010_nejitoshihei2009年10月9日(金)~12日(月)
ネジと紙幣 -based on 女殺油地獄-」
イオン化粧品 シアターBRAVA!(大阪・地図

花火大会の夜。行人は入れあげているキャバ嬢が、自分以外の男・赤地と花火を見に来ると知るや激怒し、男を蹴散らしてやろうと襲撃の計画をたてる。軽い威嚇のつもりが、悶着の末、誤って半殺しにしてしまう。奇跡的に怪我から回復した赤地は、件の暴力沙汰をきれいさっぱり忘れてしまったように、行人に儲け話を持ちかけてくる。不穏な空気を感じつつも、これまでとは次元の違う悪事に引き寄せられていく行人・・・。

なぜ行人は、桃子を殺さなくてはならなかったのか?

森山未來、ともさかりえ、長谷川朝晴、江口のりこ、細見大輔、野間口徹、満島ひかり、小林高鹿、田口浩正、根岸季衣 ほか

作・演出:倉持裕、舞台美術:島次郎、音楽:粟津裕介(ロコロコード)、照明:吉枝康幸、音響:中島正人、衣裳:宮本まさ江、ヘアメイク:宮内宏明、アクション:諸鍛冶裕太、演出助手:長町多寿子、舞台監督:足立充章

続きを読む "ネジと紙幣"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星の大地に降る涙

20090815_hoshinodaiti250「星の大地に降る涙」
2009年8月7日(金)から17日(月)
地球ゴージャスプロデュース公演Vol.10
梅田芸術劇場 メインホール(大阪)

作:岸谷五朗
演出:岸谷五朗、寺脇康文
出演:岸谷五朗、寺脇康文、木村佳乃、三浦春馬、音尾琢真 他
主題歌:EXILE「愛すべき未来へ」

続きを読む "星の大地に降る涙"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京橋花月 ひる寄席

20090727_kagetu2009年7月25日 京橋花月(大阪)
ひる寄席(15:30~)

笑福亭仁智
まるむし商店/へびいちご/りあるキッズ/ギャロップ/川上じゅん/他
「京橋吉本新喜劇」川端泰史/他

続きを読む "京橋花月 ひる寄席"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜘蛛の巣

20090622_kumonosu2009年6月21日(日)
サンケイホールブリーゼ(大阪)

クラリサ・ヘイルシャム=ブラウン/浅丘ルリ子
ロード警部/石井一孝
執事エルジン/六角精児
ジェレミー・ウォリンダー/高橋和也
ヒューゴー・バーチ/鶴田忍
ミルドレッド・ピーク/池谷のぶえ
ピパ・ヘイルシャム=ブラウン/小此木麻里
オリバー・カステロー/花王おさむ
ジョーンズ巡査/飯嶋啓介
検死医/西初恵
ヘンリー・ヘイルシャム=ブラウン/田村亮
ローランド・デラヘイ卿/瑳川哲朗

原作/アガサ・クリスティー
翻訳/加藤恭平
演出・上演台本/大谷亮介

クラリサは外交官の夫ヘンリーと、夫と前妻ミランダとの娘ピパを引き取って、片田舎ではあるが隠し部屋のある洒落た家で平穏に暮らしていた。ある日の夕方、クラリサは来客の1人と雑談中に「もしもある朝書斎で死体を見つけたら自分はどうするだろうか」という「空想ゲーム」について話す。その後、ミランダの再婚相手のオリバーが自宅に立ち寄る。そしてクラリサは帰ったはずのオリバーの死体を見つけることとなる。果たして誰が殺したのか・・・。

というイギリスの女性推理小説作家/アガサ・クリスティーのコミカルな推理劇。

続きを読む "蜘蛛の巣"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私生活

20081106_shiseikatu_p_coco_22008年11月5日~9日
シアターBRAVA!(大阪)

エリオット/内野聖陽
アマンダ/ 寺島しのぶ
シビル/中嶋朋子
ヴィクター/橋本じゅん
ルイーズ/中澤聖子

フランスの避暑地・ドーヴィル。美しい眺めを望むリゾートホテルには、 2 組の新婚カップルがハネムーンを楽しもうとしている。 1 組目はエリオットとシビル。そして、もう 1 組はアマンダとヴィクター。偶然にもエリオットとアマンダは元夫婦だった。
・・・というところから始まるお話。

続きを読む "私生活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽劇「ガラスの仮面」

20080829_garasu2008年8月29日(金)~8月31日(日)
シアターBRAVA!(大阪)

出演:北島マヤ:大和田美帆、姫川亜弓:奥村佳恵
桜小路優:川久保拓司、速水真澄:横田栄司
北島 春:立石凉子、姫川歌子:月影 瞳
小野寺:原 康義、青木 麗:月川悠貴
二ノ宮恵子:黒木マリナ、源造:岡田 正
月影千草:夏木マリ

原作: 美内すずえ、脚本: 青木 豪
演出: 蜷川幸雄、作曲: 寺嶋民哉

幻の名作と謳われる舞台「紅天女」の主役という同じ目標に向かって、二人の対照的な少女が女優として切磋琢磨し合う成長物語。二人の演技へのひたむきな情熱、「紅天女」の公演を巡る策略など、様々な人物の思いが交錯する。二人の少女が追い続けた夢の行方は・・・。

続きを読む "音楽劇「ガラスの仮面」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥーランドット

20080505_turandot 2008年5月2日(金)から9日(金)

(主な登場人物:役者)
トゥーランドット:アーメイ(張恵妹)
カラフ:岸谷五朗
ミン:早乙女太一
リュー:安倍なつみ
物売り:北村有起哉
ティムール:小林勝也
ワン:中村獅童

演出・衣装:宮本亜門/音楽:久石譲/衣装:ワダエミ/脚本:鈴木勝秀
作詞:森雪之丞/美術:松井るみ/指揮:吉住典洋

梅田芸術劇場メインホール

続きを読む "トゥーランドット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Riverdance

20080713_panf

リバーダンス(大阪公演)
2008年7月8日(火)~7月13日(日)
フェスティバルホール

まだ興奮覚めやらぬ・・という感じ。
気がつくと痛くなるのもかまわず手を叩いていた。
スタンディングオベーションはやむことなく、会場が明るくなり退出のアナウンスが流れているにもかかわらず、手拍子は鳴り止まず、ほとんどの人が席を立たなかった。その手拍子は、リバーダンスの曲のテンポだ。

日本最終公演となったリバーダンス。

続きを読む "Riverdance"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエストサイド物語

20080306_westsaide_2京都劇場
「ウエストサイド物語」
劇団四季

シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を現代化したアメリカのミュージカル。
ニューヨークの社会的背景を織り込み、白人とプエルトリコ移民との2つの異なる非行グループの抗争の狭間に揺れる2人の若い男女を描いた物語。

京都へは、「ウエストサイド物語」を観に行った。
「ウエストサイド物語」を観るまで、京都タワー(”ぱぴりお”ブログ)は「おまけ」だった。

続きを読む "ウエストサイド物語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒蜥蜴

20080618_kuro6月17日(火曜日)から22日(日曜日)
梅田芸術劇場メインホール

「心の世界では、あなたが泥棒で、私が探偵だった。」
宝石等の財宝を盗む女賊・黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎が対決する推理小説。

原作:江戸川乱歩 脚本:三島由紀夫
演出・美術・衣装:三輪明宏
出演:緑川婦人・黒蜥蜴/三輪明宏
明智小五郎/高嶋政宏 雨宮潤一/木村彰吾

続きを読む "黒蜥蜴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧