カテゴリー「神社・寺院」の20件の記事

補堕落山・六波羅蜜寺 「秘仏」と「宝物館」

20091202_rokuharamituji西国三十三所巡礼・第十七番
補堕落山・六波羅蜜寺(公式ページ)
(ふだらくさん・ろくはらみつじ)
左の写真は六波羅蜜寺。

◆宗派:真言宗智山派
◆本尊:十一面観世音菩薩(国宝)
◆開基:空也上人(くうやしょうにん)
◆創建:951年(天暦5年)
◆結縁御開帳:2008年11月16日-30日、2009年4月26日-5月6日、11月22日-29日
◆通常御開帳:秘仏(12年に一度・辰年) ◆時間:8時~17時
◆所在地:京都市東山区五条通大和大路上ル東(地図) ◆拝観料:無料
◆宝物館:大人600円 大高中学生500円 小学生400円※30名以上の団体各50円引
◆駐車場:無(五条坂の途中に市営清水坂駐車場60台)

御詠歌
「重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば」
(おもくとも いつつのつみは よもあらじ ろくはらどうへ まいるみなれば)

意味:たとえ五つの大罪(五逆罪:一つには父を殺し、二つには母を殺し、三つには聖を殺し、四つには平和を擾(みだ)す、五つには仏の身より血を流す)を犯した者でも、観音さまと縁を結び今後は六つの波羅蜜を日々実践することにより罪は消えていくであろう。

続きを読む "補堕落山・六波羅蜜寺 「秘仏」と「宝物館」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四天王寺 (1)お寺で写経 「十七條憲法」

2009_1130_taishidenお寺での写経は、今回の四天王寺(大阪・地図公式ページ)で二回目となる。四天王寺では「般若心経」と「十七條憲法」が写経できる。たいがいのお寺では「般若心経」を写経することが多いが、「十七條憲法」を写経するというのは四天王寺ならではかな~。さすが聖徳太子建立のお寺! 左の写真は四天王寺の太子殿。

四天王寺もいつでも写経ができるというので、ふらっと訪れた。「十七條憲法」は、6枚で全ての條文を書くことができる。私は1條から3條までの一枚目を写経した。

◆四天王寺での写経について
場所:四天王寺「太子殿」にて
時間:午前8時半~午後2時(随時)
納経料:〔般若心経〕一枚2000円、10枚1組18000円 〔十七條憲法〕一枚2000円、6枚1組10000円

続きを読む "四天王寺 (1)お寺で写経 「十七條憲法」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少彦名神社 「神農祭」

20091122_shinno以前、ブログで触れた少彦名神社(すくなひこなじんじゃ・地図)を訪れた。「神農(しんのう)さん」という大阪でとめの祭り(大阪で年最後の祭り)、「神農祭」だ。大阪・道修町(どしょうまち)で毎年11月22・23日に行われる。約5万人の参拝者で賑わう。

調べてわかったが「神農祭」の他、いろいろ神事が行われているようだ。
1月1日:歳旦祭
*1月4日~7日:新年祈願祭
*8月25日:大阪医薬品元卸商組合式年祈願祭
11月22・23日:例大祭(神農祭)
12月冬至:冬至祭
毎月1、15、23日:月例祭
毎月23日:献湯祭(献湯神楽奉:心身ともに清浄になり満願成就するよう祈念される)
*年によって日程が多少変更することがある

続きを読む "少彦名神社 「神農祭」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書寫山・圓教寺 「秘仏」

20091121_27nioumon西国三十三所巡礼・第二十七番
書寫山・圓教寺(公式ページ
(しょしゃざん・えんきょうじ)
左の写真は圓教寺の仁王門。

◆宗派:天台宗
◆本尊:如意輪観世音菩薩
◆開基:性空上人(せいくうしょうにん)
◆創建:966年(康保3年)
◆結縁御開帳:2009年4月1日~6月30日、9月1日~11月30日
◆通常御開帳:毎年1月18日(修正会)
◆時間:9時~16時
◆所在地:兵庫県姫路市書写2968(地図
◆入山料:500円 ◆ロープウェイ:往復900円 ◆駐車場:有(350台・無料)

御詠歌手ぬぐい
「はるばると のぼれば 書写の山おろし 松のひびきも 御法なるらん」
(はるばると のぼれば しょしゃのやまおろし まつのひびきも みのりなるらん)

続きを読む "書寫山・圓教寺 「秘仏」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明星山・三室戸寺 「秘仏」

20091116_10sanmon西国三十三所巡礼・第十番
明星山・三室戸寺(公式ページ
(みょうじょうざん・みむろとじ)
左の写真は三室戸寺の山門。

◆宗派:本山修験宗
◆本尊:二臂千手観世音菩薩
◆開基:行表(ぎょうひょう)和尚
◆創建:770年(宝亀元年)
◆結縁御開帳:2009年10月1日~11月30日
◆通常御開帳:秘仏
◆時間:8:30~16:00(11月~3月)、8:30~16:30(4月~10月)
◆所在地:京都府宇治市菟道滋賀谷21(地図
◆入山料:500円 ◆開帳内拝:500円 ◆駐車場:有(300台・500円)

20091116_10hengaku御詠歌手ぬぐい
「夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば
 宇治の川瀬に 立つは白波」
(よもすがら つきをみむろと わけゆけば
 うじのかわせに たつはしらなみ)

続きを読む "明星山・三室戸寺 「秘仏」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深雪山・上醍醐寺 「秘仏」

20091110_tozanguti西国三十三所巡礼・第十一番
深雪山・上醍醐寺(公式ページ)
(みゆきさん・かみだいご)
左の写真は上醍醐寺への登山道入り口。

◆宗派:真言宗醍醐派
◆本尊:准胝観世音菩薩
◆開基:理源大師聖宝 (りげんだいししょうほう)
◆創建:876年(貞観16年)
◆結縁御開帳:2009年5月1日~11月30日
◆通常御開帳:毎月5月15日~21日
◆時間:9時~17時(冬期は9時~16時)
◆所在地:京都市伏見区醍醐東大路町22(地図
◆上醍醐入山料:600円 ◆下醍醐伽藍:600円
◆駐車場:有(下醍醐に100台・700円)

御詠歌手ぬぐい
下の写真は女人堂の扁額(へんがく:門戸や室内などに掲げる横に長い額)。

20091110_hengaku 「逆縁も もらさで救う 願なれば
 准胝堂は 頼母しきかな」

(ぎゃくえんも もらさですくう がんなれば
じゅんていどうは たのもしきかな)

続きを読む "深雪山・上醍醐寺 「秘仏」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姨綺耶山・長命寺 「秘仏」

20091105_31hondou西国三十三所巡礼・第三十一番
姨綺耶山・長命寺
(いきやさん・ちょうめいじ)
左の写真は長命寺の本堂(重要文化財)。

◆宗派:天台宗一単位
◆本尊:千手十一面聖観世音菩薩三尊一体(重要文化財)
◆開基:聖徳太子(しょうとくたいし)
◆創建:619年(推古27年)
◆結縁御開帳:2009年10月1日~31日
◆通常御開帳:不定
◆時間:8時~17時(開帳:9時~16時)
◆所在地:滋賀県近江八幡市長命寺町157(地図
◆拝観料:無料 ◆開帳内拝:1000円 ◆駐車場:有(50台)

御詠歌手ぬぐい
「八千年や 柳に長き 命寺 運ぶ歩みの かざしなるらん」
(やちとせや やなぎにながき いのちでら はこぶあゆみの かざしなるらん)

意味:柳の霊木で刻んであるありがたい千手十一面聖観音のご本尊さまにおすがりすれば、あらゆる苦難を救われて、健康長寿疑いなし。このご本尊さまは人生の歩みのご先達となってお導きくださるであろう。

続きを読む "姨綺耶山・長命寺 「秘仏」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師寺 (1)お寺で写経 「般若心経」

20091102_doujouときどき、家で般若心経を写経をするようになった。とは言っても、30分位で4行ほどしか書けない初心者だ。般若心経も半分くらいしか覚えていない。

それでも一度、お寺で写経したいなと思い、いつでも写経ができるという薬師寺(奈良・地図)を訪れた。左の写真は薬師寺の写経道場。

◆薬師寺での写経について
場所:薬師寺「写経道場」にて
時間:午前9時~午後5時(随時)
納経料(各一巻):般若心経2000円(白鳳伽藍、玄奘三蔵院伽藍の共通券付)、薬師経4000円、唯識三十頌5000円
特徴:宗派は問わない・いつでも納経できる・毛筆のほか鉛筆でもできる・一度に全部を書きあげなくてもいい・家族で書写できる・お手本に写経用紙を重ねて書ける・納めた写経は永代にわたり供養してもらえる・正座で書くほか椅子に座っても書ける・納経三巻で納経朱印帳が贈呈される・納経108巻で輪袈裟が贈呈される
写経会と法話の日:(奈良)毎月5日・8日・第3日曜日、(東京)毎月12日・土曜日

続きを読む "薬師寺 (1)お寺で写経 「般若心経」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興福寺 (2)「お堂でみる阿修羅」 阿修羅(仮金堂)

20091029_koufukuodoupanf2009年10月17日~11月23日
「国宝 阿修羅展」帰山記念
興福寺国宝特別公開二〇〇九
平城遷都1300年記念

会期中無休
拝観時間:午前9時~午後5時(ただし金・土・日・祝祭日は午後6時まで/券売受付は終了30分前まで)
拝観料(仮金堂・北円堂共通):一般1500円、中高生1000円、小学生500円(拝観券提示により、国宝館、東金堂は団体料金を適用)

続きを読む "興福寺 (2)「お堂でみる阿修羅」 阿修羅(仮金堂)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興福寺 (1)南円堂

20091028_9nanendou西国三十三所巡礼・第九番
興福寺(公式ページ)・南円堂
(こうふくじ・なんえんどう)
左の写真は興福寺の南円堂(重要文化財)。

◆宗派:法相宗(ほっそうしゅう)大本山
◆本尊:不空羂索観世音菩薩(国宝)
◆開基:藤原不比等(ふじわらのふひと)、南円堂は藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)
◆創建:669年(天智8年)、南円堂は813年(弘仁4年)
◆結縁御開帳:2008年10月17日~11月24日
◆通常御開帳:毎年10月17日(大般若経転読会)
◆時間:午前9時~午後5時 ◆所在地:奈良市登大路町48(地図
◆拝観料:無料 ◆開帳内拝:300円 ◆駐車場:有(70台)

御詠歌
下の写真は南円堂の扁額(へんがく:門戸や室内などに掲げる横に長い額)。

20091028_9goeika

「春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲」
(はるのひは なんえんどうに かがやきて みかさのやまに はるるうすぐも)

続きを読む "興福寺 (1)南円堂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)